PG日誌

各記事はブラウザの横幅を1410px以上にすると2カラムの見出しが表示されます。なるべく横に広げてみてください。

Windows10から游ゴシックを削除する

初めに

Windowsから「游ゴシック」を削除するための「Meryo UIも大嫌い」などのツールで游ゴシックに関係するフォントの設定を変更しても「エクスプローラーのコンテキストメニュー」、「UWPの設定UI」などは游ゴシックが引き続き表示されます。

正直なところ高DPI環境以外では游ゴシックは表示がよくないので残りの設定も古いWindows同様にMeiryo系のフォントに戻す方法です。

やり方自体はいかに紹介されています。

qiita.com

Windowsアップデートが入ると設定が戻ってしまうことがあるため、ここではこの方法ををワンクリックでできるようにしたいと思います。

やり方

レジストリファイルの作成

上記サイトの通り以下の内容で「游ゴシック削除.reg」というレジストリファイルを作成します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
"Yu Gothic"="Meiryo UI"
"Yu Gothic Bold"="Meiryo UI Bold"
"Yu Gothic Light"="Meiryo UI"
"Yu Gothic Medium"="Meiryo UI"
"Yu Gothic Regular"="Meiryo UI"
"Yu Gothic UI"="Meiryo UI"
"Yu Gothic UI Light"="Meiryo UI"
"Yu Gothic UI Regular"="Meiryo UI"
"Yu Gothic UI Semibold"="Meiryo UI Bold"
"Yu Gothic UI Semilight"="Meiryo UI"
"游ゴシック"="Meiryo UI"
"游ゴシック Bold"="Meiryo UI Bold"
"游ゴシック Light"="Meiryo UI"
"游ゴシック Medium"="Meiryo UI"
"游ゴシック Regular"="Meiryo UI"

入力したらUTF-16、BOMありで保存します。

バッチファイルの作成

以下のように「游ゴシック削除.bat」というバッチファイルを作成し先ほどの「游ゴシック削除.reg」と同じ階層にSJISで保存します。

rem -x-x- 00. 制御対象のサービスの名前 -x-x-
set SERVICENAME=Windows Font Cache Service

rem -x-x- 01. 游ゴシックの代替フォントを定義する -x-x-
call 游ゴシック削除.reg

rem -x-x- 02. Windows Font Cache Serviceを無効化する -x-x-
net stop "%SERVICENAME%"

rem -x-x- 03. 游ゴシックフォントファイルを削除する -x-x-
cd %windir%\Fonts
takeown /F YuGoth*.ttc /A
icacls YuGoth*.ttc /grant Administrators:F
ren YuGoth*.ttc YuGoth*.ttc.1

rem -x-x- 04. フォントキャッシュファイルを削除する -x-x-
del /S /Q %windir%\ServiceProfiles\LocalService\AppData\Local\*FontCache*.dat
del %windir%\system32\FNTCACHE.DAT

実行する

上記を「游ゴシック削除.bat」を「管理者として実行」してWindowsを再起動します。

これで、再起動後にはすべてMeiryo UIに置き換えられていると思います。

なんか設定が戻ったなと思ったらまた管理者で実行すると設定が戻せます。

最後に

なんかこの設定をしてもOSの文字表示は汚いままです。一部設定が聞いてない箇所もあるというかこの設定をしてもなんかだんだんこの設定が効果のない範囲が大きくなってる気がする…

最初は「スタートメニュー」とか「設定」の大半に効果があったのに今だと游ゴシックで表示されているところが増えているような…?

Choromeのコンテキストメニューと比べて表示が汚すぎる…