PG日誌

各記事はブラウザの横幅を1410px以上にすると2カラムの見出しが表示されます。なるべく横に広げてみてください。

エルゴヒューマンプロを7か月使用したのでレビュー

2020年10月にオフィスチェアとしてはミドル・ハイクラスの「エルゴヒューマンプロ」を購入しました。結論から言うと、以上に快適で作業もはかどる椅子で、非常に良い買い物をしたと思っています。ちょうど今日で7か月使用したため感想と合わせてレビューしたいと思います。

スペック

自分が購入した「エルゴヒューマンプロ」のスペックはこんな感じです。

  • 種類:エルゴヒューマンプロ(ヘッドレストなし)
  • 色:レッド(KM12)
  • 座面、モールドクッションタイプ

見た目はこんな感じです。

f:id:Takachan:20210503184614j:plain:h768

エルゴヒューマンプロを選択

このエルゴヒューマン(プロ)ですがなんと値段が10万円近くします。「椅子」というくくりで見たら非常に高価です。正直自分が買うとは思っていませんでした。

f:id:Takachan:20210503185737p:plain:h628

さて、自分がこれを選んだ理由でが、

これを読んでいる皆さんは同じ境遇の人が多いのかと思いますが、去年から新型コロナウィルスの影響で在宅ワークが長引いて自宅での長時間作業となり腰痛気味になり、すぐに環境(=椅子)を変えないと体が壊れるかもという感が強くなっていました。そこで長時間座って作業をしても問題の起きない椅子を探すことにしました。それまではダイニングにあるような木製のダイニングチェアを使っていました。

その後、ネットでいろいろ調べるうちに、やっぱりいい椅子は高い事や、椅子のメーカーをいくつか調べて都内の試座できるショールームへ何度か足を運び、ハーマンミラーやオカムラといったハイエンドの椅子に座ってみました。この時は高い椅子ほど良いのだろうなぁというふわっとした感覚で、ウキウキしながら座ってみたところ

「なんかしっくりこない…?なにかぶつかる…?」

となったでした。当方身長が180cmのため、メーカーの想定より体が大きいからか収まりが悪かったようです。ヘッドレストがついているものは特に体にフィットせず首の付け根より下にヘッドレストが当たったり良くない感じでした。

そこで、いろいろ試している最中に見つけたのがこの「エルゴヒューマン」でした。まず見た感じがかなりデカいので自分の体にも合うかも?と思い座ったところ

「おお?!これは!」

となりました。エルゴヒューマンは体の大きい人向けサポートが強いのだと思います。ヘッドレストは位置が体に合わなかったので外しましたが…あとオットマンが足元で邪魔になるだけだと思ったので無しを選びました。今のところあったほうが良かった思ったことは無く、今後も思うことは無いのでいらないが正解だったと思います。

座面のモールドクッション

座面はモールドクッションタイプを選択しました。

f:id:Takachan:20210503204639j:plain

7か月経過していますが座面のモールドから繊維が少し出ていますね。

ショールームでモールドクッションとメッシュ両方座りましたが、座り心地はモールドクッションがが圧勝でした。普通のクッションのオフィスチェアの座り心地をすごーーーく良くした感じです。

一方のメッシュは蒸れないのは確実だと思いますが、座り心地がやや犠牲になっていると思いました。メッシュは紐が寄り集まった薄い膜に反発力で浮いている状態になるので実体感が薄くホールド感は弱めです。半面、反発力は結構強いので押し返す力に座るのが好きな人は良いかもしれません。この反発力で座面の繊維がズボン越しに洋服に食い込んでくる感じでちょっと苦手でした。

モールドクッションのほうはクッションなので着座したときに優しくホールドされます。座り心地はモールドクッションのほうが良い感じでした。

ベーシックとプロの違い

プロとベーシックの一番の違いは座面の前傾度を調整できることです(ヘッドレストの性能が違うらしいのですがついてないのでわからないですw)

f:id:Takachan:20210503205417j:plain:w480

プロはこの部分(座面の後ろ側の下)をチルト機構で高くしたり低くしたり調整できるので前傾度が調整できます。この機能

めちゃくちゃ良いです。

この機能の有無がプロとベーシックですが、この機能が無いベーシックは選ぶ意味ないと思うくらい良いです。メモを取ったり机面に向かうときは前傾気味に、PCを使用するときは後傾気味とシーンによって細かく調整できるのは長時間作業では非常にありがたい機能です。しかも人間なので、日によって調子が違うので少し前傾がいいかなと思ったら調整すれば快適にできます。

カラーについて

色は、レッド(KM12)です。エラストメリックメッシュは色がかなり地味なのでどの色にしても、色がきつすぎて浮くということは無いと思います。

f:id:Takachan:20210503210458p:plain:w480

これで赤です。落ち着いた色合いです。あずき色?

店頭でグリーンとブルーを見ましたがどれも落ち着いた色合いでした。

ランバーサポートについて

腰の部分にかなり強いランバーサポート機構がついています。

f:id:Takachan:20210503212010j:plain:h628

見た目だけではなく、サポート強度が他のメーカーよりかなり強いと思います。オカムラのとかこれに比べたらついてないも同然くらいの存在感です。ただ強過ぎという事はなく、どの姿勢でもしっかり腰へのサポート機能を発揮してくれます。

ちなみに位置はと向きは調整できません。背もたれに完全に一体化しています。ただ位置は非常によく考えられているようで調整できなくても今まで不便はありません。

背面位置調整について

背もたれの位置は4段階で調整できます。

f:id:Takachan:20210503214331j:plain:h628

そこまで細かく調整できないですがそこまでシビアにするものじゃないっぽいので問題なかったです(調整位置で困ったことは無いですが)

自分は身長が180cmなので一番上固定にしています。

ひじ掛けの位置調整について

ひじ掛けの調整量がめちゃくちゃ豊富です。

f:id:Takachan:20210503213057j:plain:w480

上下に7段階?8かも?で10cm程度の上下、画像の通り内側に45度近く、外側に20度程度設定できます。また水平にスライドして体に近く、遠くも変更できるのでこの位置調整はかなりこだわることができます。

ただし、位置が変えやすいのでぶつかったときに変な方向に簡単に向いてしまいます。繰り返すとガバガバにならないか耐久力が少し心配です。7か月の時点では何ら問題ないですが。

リクライニングとか

他の高級椅子と同程度なので割愛します。

直立から1段目のリクライニングが少し広いので直立はしたくないけど少しリクライニングしたいときに対応できません。ただほかの段階調整式の椅子も似たような感じなのでこれは普通なのだと思います。

重量

約30キロあります。座ってる時の安定性には多大に寄与していると思いますがほかの高級オフィスチェアより10キロ近く重いので移動・運搬は相当大変です。椅子の下に敷物を敷いた方が無難だと思います。

まとめ

エルゴヒューマンプロすごく良いです。めちゃくちゃ良い買い物しました。購入後に一瞬高価すぎたかなと思っていましたが全然そんなことありませんでした。むしろお買い得でした。

終日事務作業しても腰が痛いな感じないのは本当に良いです。前傾調整とランバーサポートがすごくいい。今後も在宅が続くことを考えたらこの水準を体に保証してあげる事は凄く良いと思います。

まとめるとエルゴヒューマンプロは

  • 個人的に大満足
  • 180cmくらいの大柄な人にお勧めできる
  • 前傾チルト・ランバーサポートが秀逸で腰痛緩和できた
  • 調整機能が豊富なので自分にあった設定ができる

です。

最後に、高級オフィスは買う前に一度どこかで座って確かめてください。他人のレビュー記事見て、うのみにして座らずに買ったりすると後悔する可能性が高そうです。(自分最初はハーマンミラー買おうとしていましたが合いませんでしたからね…)レビュアーの身長・体重・姿勢がわからないので自分で座ってみないと体に合うかわからないです。座って合うものを見つけて買えば末永く付き合っていけると思います。

僕はそれでエルゴヒューマンプロを見つけちゃいました。

以上です。